大学院1年生(記載中)


たかし(学卒院生)
 5歳のころから大学まで野球を続けててきたことによって培ってきた運動能力と礼儀正しさはピカ1。小学校・中学校では児童会長、生徒会長を見事に務め上げ、高校・大学の野球部ではBチームのキャプテンとしてチームを引っ張るなどリーダーシップやコミュニケーション能力にも長けている優秀な人材である…はずだった。
 しかし、初対面の人、特に女の人と話すと大量の汗が噴き出す。そう、野球ばかり続けてきた彼は、女性と関わった経験が極端に少なかったのだ。西川研の歓迎会ではゼミのメンバーにそそのかされ、女性のメンバーに囲まれてお酒を飲んでいる姿はまさに初めてスナックに行って接待されているようであった。教員になるまでには是非克服して欲しい。
 また、中学校・高校・大学と学校にプールが無かった事が仇となり、平泳ぎすらできないといった保健体育の教員として危機的状況に立たされている。

アジロー(現職)

NYの中心で「〇〇」を叫ぶ!!
〇〇が気になる人はぜひ本人まで聞きに来て下さい。
和歌山県からはるばる上越までやって来た現職高校国語教員です。フットワークの軽さが売りで興味があればすぐに駆け付けます。モットーは「幸せだから笑うではなく笑うから幸せ!」です。人と会話するのが好きでよくしゃべりすぎてしまいます。そんな場面を見つけたらそっと肩を叩いてあげてください。関西出身なんでよく面白いやつって思われます…実は…おもろいやつです!!ガンガン、ハードル上げて来てください。楽しく飲みましょう!!

けいた(学卒院生)

 三重から新潟へと単身乗り込んできた彼。入学式の1週間前に乗り込んだのは良かったが、見知らぬ土地に友人がいるはずもなく、入学式までに彼が話した相手はコンビニと飲食店の店員さんだけであった。当時を彼は、「孤独で、死ぬかと思った」と振り返った。今の彼は友達ができ、幸せそうである。

 そんな彼は、人見知りで、行動も慎重である。ただ、そんな彼にも突然スイッチが入ることがある。学部の卒業旅行、初の海外旅行で、単身イギリスへと乗り込んだのである。経由地のアラブ首長国連邦では入国を拒否されるトラブルに見舞われたが、なんとか生きて帰ってきた。

 当面の課題は、人見知りの克服と西川先生に指摘された箸の持ち方の矯正であるが、そんな彼の成長に期待したい。 

ページ先頭へ     学部生     大学院2年生